2016
02.01

高齢化のせいもあって、駅から遠い斎場では会葬者が億劫がってしまうことが多いようです。

駅近の会館か、そうでなければタクシーの便など、足回りの確保を大切にすると多くの人に来場してもらえます。

■駅近であれば目印も多い。

近場であれば会葬者もたくさん集まる。

葬儀のための斎場探しは、葬儀社任せになったり費用で決めてしまったりすることが多いですが、安いからといって最寄駅から遠い会館を選んでしまうと、弔いに来てくれる人の数も少なくなります。

賑やかに盛大に送り出してあげたいという場合には、駅近の斎場を選びましょう。

駅近であれば会場までの目印も多く、気軽に足を運んでもらえます。

■千葉でも駅近のホールは人気。共済会などの会員になれば取りやすい。

千葉県内にも多くの斎場や会館がありますが、駅近の会場は人気があり葬儀日程にあった予約を入れるのには苦労します。

それを解消するためには、冠婚葬祭の共済会のような組織に加入しておくと苦労がありません。

斎場の手配から葬儀のイロハまで面倒をみてくれるうえ、月々の掛け金も安く結婚式などにも利用できます。

その他の特典も多いので入会のメリットは十分にあります。

■葬儀はイベントと同じ。

来やすい斎場で賑やかに送ってあげることが故人のためにもなります。

無理な場合は足回りの確保を考えましょう。

葬儀には家族葬や火葬式、1日葬などいろいろなスタイルがあります。

千葉でも独居高齢者の死が増えて、家族葬や火葬式の需要が増加していますが、会葬者の多い通常の葬儀であれば駅近の斎場を選ぶのがベストです。

無理な場合は駅前からのタクシーなどを手配しておきましょう。

賑やかに送ってあげることが故人のためにもなります。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.